リフォーム費用を少しでも安くするために低金利は大事。

金利には二種類ある

固定金利と変動金利の違いを知る

そもそも、固定金利と変動金利の違いは何なのでしょうか?
固定金利とは、文字通り金利が変わらず返済満了日まで同じ金利がかかります。
それに対して変動金利とは、金融情勢に応じて金利が変わるもので、一定期間で金利が見直される仕組みになっています。

この二種類のどちらが良いといえるかはその内容にもよりますので、シミュレーションをしてみるのもひとつかも知れません。
金融機関では、ホームページ等で変動金利や固定金利の率まで表示しているところもあり、シミュレーションができるようになっているところもあります。

まずは、そこで調べてみることも大事なことといえます。
ホームページ等でできなくても、直接店舗に行ってシミュレーションしてくれますから事前に連絡して行くと良いと思います。

住宅ローンでリフォームする

リフォームだからリフォームローンを組むことは、当たり前のことに思えますが、リフォームするのに住宅ローンを組む人も少なくありません。
ある程度、大掛かりなリフォームを行う場合には、費用が莫大にかかります。

たとえば、バリアフリーや省エネ工事を行う場合には金額もかなりかかりますし、リフォームローンでは返済期間も短く大変なこともあります。
住宅ローンは、返済年数が長いこともありますが、金利がリフォームローンより低いことが挙げられます。

審査には、一定の期間がかかることや、抵当権が必要等受けるまでが大変ですが、審査を受けてみるだけの価値はあるのではないでしょうか。
一定の金額以上費用がかかる場合、住宅ローンでは減税の対象になることもありますので、いろいろ調べて聞いてみることが大事なことといえます。


この記事をシェアする