リフォーム費用を少しでも安くするために低金利は大事。

リフォームローンにかかる金利

融資してくれるところ

融資先でまっさきに思い浮かぶのが銀行かもしれません。
リフォームするにあたり融資してくれるところはある程度限られてきますが、銀行の他に社団法人団体や信用金庫なども融資をしてくれるところです。
他にも金融機関はありますが、インターネットなどで融資してくれるところを探すのも一つ方法です。
ですが、口コミだけを信じず、きちんとホームページをみたり情報を正確に収集しなければ大変なことにもつながりかねませんので、注意することが大事です。
銀行や信用金庫など、お住まいの地域に拠点があるところには、実際に足を運んでみると良いと考えます。
その際には、業者から提示された見積金額など必要書類もあるかも知れませんので、事前に問い合わせした上で、二度手間にならないよう行動することがスムーズに話が進むコツかもしれません。

住宅ローンとリフォームローンの違い

よく耳にする住宅ローンですが、リフォームローンとは何が違うのでしょうか?
同じ住宅に掛かる費用だから同じなのではと考える方もいるかもしれませんが、この二つには様々な違いがあります。
例えば、融資してもらう限度額についてですが、住宅ローンが一億円程度に対してリフォームローンは五百万円から一千万円程度になります。
当然、新築を立てるのとリフォームするのでは掛かる費用が違いますので限度額は大幅に異なります。
また、返済期間についても大幅に変わってきますし、金利についても多少違いは出てきます。
金利については、住宅ローンが1~2%程度に対して、リフォームローンは2~5%程度になるのが一般的です。
また、抵当権の有無など細かいことが必要かどうかも二つの違いにはあります。


この記事をシェアする